コラム06 3月 2013 03:27 pm

神戸空港着でポートライナーで三宮へ行ってきました。
神戸空港に行くのも初めて、だから何を見てもドキドキしました。
神戸といえばオシャレなイメージがあると思いますが、ほんとオシャレな街です。
美味しいお店も沢山あるので、たまには贅沢してランチやディナーを楽しめたら良いなっと思ってました。
ホテルに荷物を預けて、ポートライナーで三宮へ。
南京町をめざしてブラブラとさんぽ。
横浜の中華街をイメージしていたので、思っていたより小さかったなぁ。
早めに神戸空港へ行き土産を購入。

スカイマークエアライン

沖縄旅行11 2月 2013 02:31 pm

日本の各地方には、その地方ならではの文化や風習にまつわる「あるあるネタ」が多数あるものです。今回は、沖縄に在住の方、または沖縄に住んでいた経験のある方に、沖縄ならではの「あるあるネタ」は何か聞いてみました。

●意外とハブは見ない
沖縄というとハブがあちこちにいるようなイメージを持っている人がいるけど、実際そうそう見かけるもんではない。中には一度もハブを見たことがないという人もいるくらいです。ちなみにマングースはもっといない。(27歳/男性)

ハブは夜行性であまり目立たないそうですよ。

●地元の人間は泳がない
地元の人間はあまり海で泳がない。泳いでいるのはもっぱら観光客とか内地の人ですね。海はバーベキューする場所って感じです。もし泳ぐとしても水着じゃなくTシャツ姿とかで海に入ったりします。(31歳/男性)

泳げない人もかなりいるらしいですね。

●沖縄の人間でもヤギは苦手
沖縄といえば、ヤギ汁やヤギの刺し身など、ヤギを好んで食べるという印象を持っている人がいますが、沖縄の人間でもヤギが苦手な人が意外と多かったりしますよ。とにかくにおいがすごい。フーチバ(ヨモギ)を入れても意味がないくらいにおいが強烈なので私も苦手です。(29歳/女性)

筆者も一度挑戦してみましたが、ダメでした。

●米が踊る
沖縄の「あるある」と言えばもう『沖縄食料の天気予報』しかないでしょう! お米たちがうたい、踊りだす7時の天気予報は沖縄県民なら誰もが知っているはずです!(33歳/男性)

こういうご当地CMって本当に浸透していますよね。

●沖縄は島が以上に多い
沖縄は島がめちゃくちゃ多くその数「363」。でも大体の人はそんなに多く島があることを知らなかったりします。(26歳/男性)

そんなにあるのですね! 知りませんでした!

●川満しぇんしぇーを知らない人はいない
沖縄県民で「川満しぇんしぇー」を知らない人はまずいません。1990年代に放送された『お笑いポーポー』という人気番組で有名になった役者さんで、沖縄では老若男女知らない人はいないくらいの知名度を誇る方です。(33歳/男性)

『ズームイン!!朝!』にもリポーターとして出演されていたので、沖縄県以外でも知っている人は多そうですね。

●内地に『A&W』がないのを知って驚く
沖縄にはA&Wというファストフードチェーンがあり、かなり有名です。が、日本では沖縄にしかないチェーン店なので、内地にはないと知ったときは驚きます。(29歳/女性)

今回の記事で初めてA&Wを知りました! 沖縄以外だと、米軍基地内にあるそうです。

●お年寄りと会話ができない
沖縄の人間でも、お年寄りの方言がわからない場合が多い。父親とかわかる人に訳してもらわないと本当にわかりませんでした。(25歳/男性)

わかる人がいないとお手上げですね(笑)。

●日本一台風に慣れている
沖縄は毎年何度も何度も台風の脅威にさらされる地域なので、かなりデカイ台風が来てもみんな余裕です。お菓子を買い込んだり、DVDを借りに行ったりしますね。また、喜び勇んで外出する人も多かったりします。もはやレジャー感覚(笑)。(25歳/男性)

積極的に外出するのはすごいですね(笑)。

以上、沖縄の方々に聞いた「沖縄あるある」でした! ハブやヤギ汁、台風などの「あるある」は沖縄ならではですよね。

グルメ05 2月 2013 02:48 pm

ローソンとヤフーの合弁事業会社「スマートキッチン」は2013年2月2日、自宅の電子レンジで調理できる「レンジDEからあげクン しょうゆ味」を発売した。自宅で調理できる「からあげクン」を販売するのは初だという。

■レンジで1~2分加熱するだけ

1986年にローソンで発売された定番の「からあげクン」を自宅でも楽しめる商品が、定期宅配サービス「スマートキッチン」限定で登場した。

からあげクン

からあげクン

鶏のむね肉を用いたナゲットタイプの「からあげクン」で、からあげ専門店の味を参考に、しょうゆとにんにくで味付けされており、冷凍のまま電子レンジで1~2分加熱するだけで完成する。店頭のからあげクンとは製法やフレーバーが異なっている。

価格は、460グラム(約20個)が698円、920グラム(約40個)が1298円。

家庭教師01 2月 2013 03:05 pm

自宅に訪れてマンツーマンで勉強を教えてもらう家庭教師の先生。少子化などが問題となっている昨今では、需要というのは以前と比べてどう変わっているのでしょうか?

大手家庭教師派遣会社である『家庭教師のトライ』の森山真有さんに、家庭教師のニーズの変化や、最近の家庭教師の指導方法はどうなっているのか、など伺ってきました。

■家庭教師のマーケットの増減は?

――家庭教師の需要というのは以前と比べると増減はどうなっていますか? 例えば10年前と比べた場合はどうでしょうか?

森山さん 学校外教育全般のマーケット全体で考えると「家庭教師のマーケット」というのは、10年前よりやや小さくなっているかもしれませんね。

――その理由は何でしょうか?

森山さん 家庭教師や個別指導などの学校外教育全般のマーケット規模そのものが、少子化などに準じて減少していることがまず挙げられます。

また、2002年の『学習指導要領の改訂』により「勉強しなくても進学できる」状況が数年続いたことにより、個別指導までしなくても良いと考える方が増えた可能性もあります。ただ、再び指導要領が変わり、今は逆の現象が起き始めています。

――少子化だけでなく、学習指導要領の改訂も影響しているのですね。

森山さん また、10年前はごく少数だった「個別指導」が大きく伸びていることも、要因と言えます。
現在の学校外教育全般のマーケットは約9,000億円と言われていますが、その半分近くを個別指導が占めるようになっています。

――なるほど。ということは、家庭教師の需要が下がっていると言うよりも、「個別指導」が大きく伸びたことでシェアの割合が変化したとも言えるんですね。

森山さん そうですね。集団塾のシェアが最も低下していますが、家庭教師ニーズの一部が個別指導塾に転化していると思います。

――少子化や学習指導要領の改訂などで一度は下がってしまった家庭教師のマーケットですが、今後はどうなりそうですか?
森山さん 先ほど少し触れましたが、2011年の学習指導要領の再改定の影響で微増していると思います。なお当社ではここ3年は生徒さんの数が16%前後増えています。

――なるほど。ここ数年は回復傾向にあるのですね。

■生徒それぞれに合った指導を

――家庭教師の先生の教え方というのは、以前と比べるとどう変わってきているのでしょうか?

森山さん 一昔前ですと、家庭教師というのは生徒の横についてわからない問題があれば教えて解かせての繰り返し、というのが多かったと思います。
これでは成績のいい生徒の場合は先生はほとんどやることがなく、苦手科目を持つ生徒も分からなかった問題の解き方だけを聞いたところで、根本解決しませんから「家庭教師の先生に教わった範囲の類題をテストで解けなかった」ということも起こります。

――なるほど。

森山さん また、学生さんたちに何も指導せずに家庭教師をやらせると、生徒に対して自慢気に教える人が多いですね。

――「俺、この問題解けるぜ?」みたいな感じですか?

森山さん そういうことです。これは昔も今も変わりません。自慢気な教え方をされると、子供は理解していなくても「わかった」と言わざるを得なくなりします。
家庭教師の本来の役割は、「苦手の起点を見つけること」「勉強のやり方やコツを教えること」「できなかったことができた時に褒めてあげて成功体験を積み上げてあげること」です。トライでは、その辺りを指導に当たる前に家庭教師にたたき込んでいます。

――トライさんでは、生徒に対してどんな指導をしているのですか?

森山さん まずは「どこがわかっていないのかを見つけ出してあげる」ことです。家庭教師の授業というのはレントゲン写真のようなものだと思います。集団授業で身につかなかった部分を見つけ出し、そこを直してあげる、と。

――生徒数の多い学校の先生だと、そこまで気が回らないですよね。

森山さん のような細かいことは1対1の家庭教師にしかできません。分からないの起点に戻って丁寧にやり直し学習をすることで苦手が解消し、学力の向上につながります。

――これまで苦手だった箇所がわかるようになれば生徒本人も楽しくなりますよね。

森山さん 「学んだ内容を説明させる」という学習も行っています。物ことを理解するには人に説明させることが一番だと思うんですね。

例えばカラオケの場合、よく聴いている曲だけどいざ歌ってみるとサビしか歌えなかったり細かい部分がよくわからなかったりしますが。何回か歌えばいろいろわかってきます。同じように、学んだことを説明させることで、学習内容が頭の中が整理され、まとまっていくんです。

――アウトプットさせることで理解を深まらせているのですか。

森山さん また、「学習でつまずいた時にどうするか」アドバイスしてあげるのも大ことです。最近の子は、どこかでつまずくとそこでやめてしまう傾向があります。

例えば、問題集をやっていて2番目の問題がわからないと、それ以降の問題もやらなくなってしまう。そういった生徒には「10分考えてわからなかったらポストイットを貼(は)って次の問題に行くように」と一言指示するだけで次に進むんです。そういうちょっとした勉強のコツを教えるだけでも成果が目に見えて出てくることが多いのです。

――細かなケアをしてあげることで生徒のモチベーションも変わりますね。

森山さん 学習法もそうですが、そうしたアドバイスやケアの方法も生徒それぞれで異なります。トライでは生徒の性格を9つのタイプに分け、それぞれのタイプに合わせた接し方や指導を実施しています。これは「性格別学習法」と呼ばれるものです。生徒の長所や短所、また価値観などを考慮し、より適切で効果的な指導を行っております。

――性格も生徒さんそれぞれで違いますし、本当に細かい部分まで徹底した指導をしているんですか……。一昔前の家庭教師の世界ではなかったことですよね?

森山さん 生徒の個性やタイプなどを心がけている先生はいたかもしれませんが、大半はただ教えるだけだったでしょう。

――そう考えると、いまの生徒さんたちは本当に恵まれていますよね。

家庭教師の需要は2002年を境に減少したが、近年は増加の傾向にあるようです。 また指導方法も、生徒それぞれに合った教え方をしてくれたり、細かいケアをしてくれたりと、一昔前とは大きく変わっています。 家庭教師の世界も大きく変化しているようですね。

スマートフォン31 1月 2013 02:59 pm

スマートフォンの2013年春モデルが続々と発表されている。スマートフォンは新モデルの発売時期が最も売上げが伸びるが、端末といっしょに同時購入する人が多いスマートフォンケースも、これから商戦期を迎えることになる。販売店は広いコーナーを設け、多様化するユーザーニーズに応えている。「BCNランキング」で2012年の動向を振り返り、2013年の市場を占った。

◆携帯電話市場で8割のシェアを占めるスマートフォン 2013年は安定成長

全国の大手家電量販店の実売データを集計したBCNランキングをみると、スマートフォンは新製品が発売になる3月と7~8月、12~1月に売上げをぐっと伸ばす商品であることがわかる。

携帯電話市場でのスマートフォンが占める割合は日々大きくなっている。2012年を振り返ろう。ちょうど1年前、2012年1月に販売された携帯電話のなかでスマートフォンが占める割合は66.5%だった。商戦期の3月は71.6%、8月は76.5%と構成比を伸ばし、11月には最高の80.9%をマークした。

携帯電話市場

従来型携帯電話からの買替えが進んだこともあって、スマートフォンの勢いそのものは、2011年と比べると鈍化している。今後はスマートフォンからスマートフォンへの買替えが中心になり、市場は安定成長期に入るだろう。

◆成長率はスマートフォン超え、好調のスマートフォンケース市場

スマートフォンの普及を背景に、スマートフォンケース市場が急速に伸びている。販売数の前年同月比をみると、スマートフォンケースは、本体のスマートフォンを超える伸びを示している。2012年12月だけをみても、スマートフォンが105.8%の微増だったのに対し、スマートフォンケースは139.6%と2ケタ成長だった。

スマートフォンケース

スマートフォンケース市場には、300社以上のメーカーがいる。2012年3月には、カメラアクセサリの老舗、ハクバ写真産業が参入するなど、活気のある市場だ。

ただし、メーカーは多いが、市場シェアは上位の4社が占有している状態だ。2012年の年間メーカー別販売台数シェアでは、1位のレイ・アウトが32.0%、2位のエレコムが25.4%、3位のテレホンリースが13.7%、4位のバッファローは9.3%で、上位4社が市場の80.4%を押さえている。1位のレイ・アウトは、常に30%前後の高いシェアで、2位以降のメーカーを寄せつけずに首位を独走してきた。

市場シェア

注目したいのが、3位のテレホンリースと4位のバッファローだ。2012年の年間販売台数No.1を表彰する「BCN AWARD 2013」では、ケースだけでなく、保護フィルム、バッテリなどを含めた「スマートフォンアクセサリ」部門をテレホンリースが制した。ケース単独でみると、そのシェアは13%前後で安定して推移している。そこに2012年の夏以降、4位のバッファローがじわじわとシェアを伸ばして迫ってきた。12月の2社の差は、わずか2.4ポイント。この春商戦でバッファローがテレホンリースを抜き、3位に浮上する可能性もありそうだ。

スマートフォンケースメーカー

◆数千円のケースが売れている、こだわり派とシンプル派に分化?

スマートフォンケースの種類は、シリコン、ソフトケース、ハードケース、レザーケースと多い。またラインアップも膨大で、大型家電量販店ともなれば、1万5000点以上のスマートフォンケースを揃えている。価格も、数百円から高いもので7000円ほどと幅がある。

ユーザーがスマートフォンケースに求めるものは多様化している。キズから守るのならアルミや耐衝撃素材を採用したケースを、デザインを重視するのならレザーケースやデザイナーが手がけたケース、自分らしさを演出するのならキャラクターケースやデコレーションケースと、目的と好みに合わせて選んでいる。なかにはウェブサイトでオリジナルケースを注文する人や、自分でデコレーションを施す人もいる。一方で、こだわりのない人は安価なシリコンケースやソフトケースなど、数百円のケースですませている。ただし、こうした安価なケースなら、着せ替えも気軽にできるなど、別の楽しみ方もできる。

平均価格帯別シェア

BCNランキングで税別の平均価格帯別シェアをみると、2000円以上の商品のシェアは、2012年1月の8.2%から12月には11.6%に増えている。減少しているのが1500円以上2000円未満の層。1500円未満の層は変化がない。2013年のスマートフォンケース市場は、高価格の「こだわりケース」と、気軽に買える「シンプルケース」の二極化が進むのではないだろうか。

次ページへ »